ミルクルポ@OPPI!太もも!お尻!最強ボディ可愛い系セラピ!ぜひ体験してもらいたい極上施術!

体験談

3月在籍あり

いらっしゃいませ!

ゆっくりしていってください。

ミルクルポの抜きありセラピスト

セラピストについて

年齢

26歳とのことです。

スタイル

男の理想の肉づきという感じでした。太ももとお尻が素晴らしかったです。

見た目

可愛い系です。

性格

気遣いが素晴らしい方です。

特徴

Twitterを見ると見た目の印象をつかめると思うので、気になる方はぜひ。

施術内容

90分コース

施術の流れ
うつ伏せ→オイル→カエル足→四つん這い→仰向け→添い寝→HJ→SKR

このお店で評価の高いセラピストさんを選びました。
予約は、入室まですべてLINEで完結しました。
レスポンスも早く安心して行えました。
ルームは高岳にあるのですが、電車で来ると駅から10分ほど歩くため、徒歩が苦手な方は車の方が都合がいいかもしれません。

部屋に着くと、期待を胸にインターホンを押します。
扉が開き、小動物のような可愛らしいセラピストさんがお出迎えしてくれました。
Twitterで確認していたセラピストさんがそのまま現れた感じでしたね。
長身ですらっとしていながら、ムチムチしている印象を受けたので、その時点でテンション上がってしまいました。
部屋に通してもらい、説明等を聞きます。
広めで清潔感のあるいい部屋です。
料金を支払い、シャワーを浴び、紙パンツに着替えると、施術開始です。

まずはうつ伏せで指圧からです。
かなり力強い指圧でした。
気持ちいいところは良かったのですが、時々痛い箇所もあり、力加減をこうしてほしいと伝えたら柔軟に対応してくれました。
施術中も話術で楽しませてくれたのは、非常に好感が持てました。
おしゃべりが好きなセラピストさんで、様々な話題を持ち出してもついてきてくれるとおもいます。
そうこうしているうちに、オイルマッサージへと移行します。
かなりの量のオイルをかけてくれて、嬉しい気持ちになります。
ドバドバタイプの方は最高ですね。
先ほど痛いと言いましたが、マッサージ自体は非常に上手です。
オイルの優しいストロークでは眠くなってしまうほどの気持ち良さでした。
しかし、その眠気は並外れた密着度の高さで吹き飛ばされてしまいます。
密着だけでなく、途中から鼠径部にも手が伸びてくるようになり、序盤からBKしてしまいました。

BKしたままカエル足へ。
対面したときから綺麗だと思っていた太ももをうまく使って、密着してくれます。
すばらしい質感です。
ハリがありながらもムチムチした感触が興奮を掻き立ててきます。
鼠径部もどんどん深くまでいじられるようになってきました。

四つん這いになると、エロエンジンがかかってきます。
かなり密着した状態からCKBをさわさわされ、すぐ硬くなってしまいました。
触り方もかなりいやらしく、焦らし要素も加わり、興奮しっぱなしです。
そして、紙パンツの上から愚息をいじられ始めますが、ガッツリという感じではないです。
しかし、手つきがエッチなので、愚息はどんどん硬くなっていっております。

最後に仰向けになると、OPPIスタンプをしてくれました。
HPで見ていた印象だと、あまり大きく見えなかったのですが、実際会ってみると、かなりいいOPPIしてました。
最高のスタイルしてます。
かなり柔らかくて、触ろうかと思いましたが、そこは我慢。
上半身のマッサージをしてもらうと、私の横に腰掛けて、鼠径部をいじり始めました。
この時にお尻をこちらに向けて施術してくれたので、セラピストさん美尻に目が釘付けになってしまいました。
見れば見るほど美しいです。
たまらず手を伸ばすと、

セラピスト
セラピスト

自慢のお尻なんです。

と自信がある様子。
抵抗は全くありませんでした。
しばらく揉んだりさすったりして楽しんでいましたが、もっと奥まで行きたくなって、下着をずらしてアソコまで触りました。

セラピスト
セラピスト

やん

と可愛い声を出すばかりでこれも抵抗なし。
そのままTMN開始です。
触れば触るほどびしょ濡れになってきて、触っているこっちも興奮してきます。

OPPIも触りたかったので、

管理人
管理人

添い寝してもらえますか?

と聞くと、

セラピスト
セラピスト

そっち行きますね。

と快い返事が返ってきました。
添い寝になると、私はセラピストさんのOPPIを楽しみ、そしてセラピストさんはHJし始めてくれました。
最高のシチュエーションで、興奮はもう最高潮に到達しそうです。
胸の感触を存分に堪能しながら、最後はHJでSKRさせられてしまいました。

マッサージも上手でしたし、会話も楽しめ、最後まで良いことをしてくれたので、
終始いい気分で施術を受けられました。

次回はどこまでいけるか試してみたいので、再訪確定です。