モデル級美女がERすぎた!?巨乳に美尻でもうたまらない!

体験談

6月在籍あり

いらっしゃいませ!

ゆっくりしていってください。

新栄の本番セラピスト

年齢

HPによると24歳とのことです。

スタイル

巨乳とお尻が最高でした!

見た目

綺麗系です。

性格

明るい方でした。

特徴

寛容度が特に高かったです。

施術内容

90分コース
施術の流れ:うつ伏せ→オイル→カエル足→4TB→仰向け→添い寝→HJ→NS→SKR

以前から目星をつけていたセラピストさんに訪問してきました。
出勤数もそれほど多くないようだったので、心配でしたが、無事予約をとることができました。

時間通りに指定された場所に伺いました。
楽しみではあるもののやはりこの瞬間は緊張するものです。

扉が開くと、綺麗系のセラピストさんがお出迎えしてくれました。
本当にモデルをやっていてもおかしくないレベルのルックスでした。
ハーフっぽい印象もあり、とにかく一度見てもらいたいくらい綺麗でした。
スタイルは、比較的すらっとしていながらもOPPIは大きかったです。
しかも、下半身がムチムチなのも個人的には最高でした。

部屋に通してもらい、軽めに雑談をしました。
おしゃべり好きな方のようでどんどん話しかけてきてくれました。
綺麗な方と話しているだけで癒されるものですが、さらに笑顔も非常にキュートだったのが良かったです。
諸々の説明が丁寧だったのもまた好印象でした。
OPの提示もあり、5kでMBをつけました。

支払いを済ませ、シャワーを浴びに行きました。
体をしっかりと洗い、横スカ紙Pを履いて部屋に戻りました。
そこにはMBに着替えたセラピストさんが待ってくれていました。
やや垂れ気味ながらも圧倒的なボリュームを誇るOPPIがすごかったです。
こんなにMBが似合うボディはほかにないとと思うくらい綺麗でした。

いざ施術開始です。
まずはうつ伏せで指圧から始めてくれました。
力加減は少し弱めでした。
ドライでのマッサージは伸びしろありという感じでしたね。
ただ、それをカバーするかのように会話の方で楽しませてくれました。
距離感もだんだん近くなってきて、仲良くなれている実感がありました。

続いて、オイルをたっぷり垂らしてもらい、オイルマッサージへ。
足元から上がってきてくれて、お尻辺りに到達。
そこから鼠径部に向かってフェザータッチで責めてきてくれました。
こちらの指使いは非常にうまかったです。
会話も減り、徐々にいやらしい雰囲気になってくるのを感じました。

カエル足になると、さらに密着度も高くなってきました。
MBなので、素肌が直接触れ合う感触を存分に楽しむことができました。
セラピストさんの手は再び鼠径部に入り込んできました。
先ほどより深くを責めてくれ、キワキワまでがっつりでした。
TMに時折、事故があるほどの深さでした。
ここでFBKしてしまいました。

4TBでも素晴らしい責めをしてくれました。
後ろからぴたっとくっついてくれると柔らかいOPPIの感触が伝わってきました。
そこからCKBを軽めにswswされ、紙Pの上から愚息を撫でられました。

セラピスト
セラピスト

興奮してるんですか?

と耳元で囁かれながらCKBと愚息を同時に責めてくれたのがもう気持ちよすぎました。

仰向けになると、69のような体勢で上に乗ってきてくれました。
大きめでセクシーなお尻が目の前にやってきました。
下ではセラピストさんが紙Pをずらし、愚息をswswし始めてくれました。
HJのテクニックもかなりのものでした。
私はというと、眼前にある魅力的なお尻に我慢できず手を伸ばしてしまっていました(笑)

セラピスト
セラピスト

ダメですよ~

とは言うものの抵抗はありませんでした。
外側から徐々に内側に責めていき、Pをずらして触れてみると、すでにぐっしょり濡れていました。
そのままTMNすると、HJの手が緩んでしまうほど感じてくれました。

添い寝の体勢になってもお互いにswswし合いました。
MBもずらしてしまうと、形の綺麗な美乳がぽろんとあらわになりました。
そして、CKBをprprすると、すぐに硬くなり、セラピストさんの息も荒くなりました。
再び下に手を伸ばし、TMNすると、もう体をビクビクさせてしまっていました。

私が上になり、愚息をセラピストさんのあそこにこすり付け、

管理人
管理人

最後までしてもいい?

と聞きました。
可愛くうなずくセラピストさん。

特に何も言われなかったのでNSで挿入しました。
めちゃくちゃ良い締まりをしていました。
奥まで入れるとさらに締め付けてきてもう最高です。
突くたびに揺れるOPPIもERすぎました。
最後はセラピストさんのお腹に発射してしまいました。

モデル級に可愛い子と最後までできて極上の体験でした。
確実に再訪します。


この続きはcodocで購読